プラスクラス・スポーツ・インキュベーション +C lab

PSIはスポーツのマーケティング・クリエイティブエージェンシーです。主にデジタルマーケティングを活用して、集客のお手伝いをしたり、デザインや映像の力でスポーツの魅力をもっと引き出したりして皆さんに届けています。

アウェイツーリズムマガジン

アウェイ(応援しているチームの相手チームの本拠地)での試合を観に行ったことがありますか?アウェイツーリズムとは、アウェイゲームの観戦をきっかけに、現地での旅や観光を楽しむこと。アウェイツーリズムの考え方や楽しんでいる方のnoteを取り上げていきます。

すべて見る

アイスホッケー観戦記vol.12 初アウェイ観戦(北海道対横浜)

2022年はじめのスポーツ観戦はアウェイ観戦!1月9日にレッドイーグルス北海道戦を見に行ってきました。はじめてのアウェイ観戦です。 ★レッドイーグルス北海道レッドイーグルス北海道は全日本選手権では4位になったものの去年、今年とジャパンカップでは圧倒的な力を見せています。 ☆ホームアリーナ ホームアリーナは白鳥王子アイスアリーナ。 今まで、ダイドードリンコと新横浜のアリーナしか行ったことがなかったので大きさに驚かされました。そして アリーナのまわりには多くのレッドイー

スキ
4

1年で行けるアウェイが1ヶ所だとしたら【OWLオムニバス】

こんにちは、あしかです。 Jリーグ2021年シーズンも大詰めを迎えています。 優勝、ACL出場枠、昇格、残留争いもここから熾烈を極めて私たちサポーターも一喜一憂する週末を過ごすことになると思います。 いずれにしても結果は必ずついてくるものです。しかし、愛するクラブや選手たちを応援する気持ちに変わりはないですよね! さて、今月のOWL magazineのオムニバス記事企画のご案内です。 この企画では、OWL magazineに寄稿しているメンバーだけでなく、読者を中心

スキ
15

アウェイ遠征記~セレッソ大阪vs川崎フロンターレ

11月20日、フロンターレの応援に大阪まで行ってきました。 フロンターレはこれまで5回タイトルを獲っていますが、幸運なことに、いずれもその瞬間を現地で見ることができています。 実はこの試合で優勝が決まるかなと思い、試合のチケットと新幹線の往復格安パックを手配していたのですが、実際のところ思ったより早く、11月3日のホーム浦和戦で優勝を決めることができました。 (この試合もチケットを確保していたので現地で優勝を味わえました) と、まぁ、既に優勝は決まっているのですが、チケ

スキ
11

サッカード素人の相模原市民がアウェイ沼にハマった話

J2リーグ第36節、ギラヴァンツ北九州対SC相模原。 共に降格圏脱出を目指すチーム同士の、絶対に落とせない6ポイントマッチ。 飛行機と新幹線を乗り継ぎ、ミクニワールドスタジアム北九州まで行ってきた。 小倉駅から徒歩圏内という恵まれた立地と、綺麗なスタンド・コンコース。バックスタンド裏はすぐそこが海になっており、クリアの際には海ポチャの可能性がある。 特徴的でワクワクする、おらが街のスタジアム。そんな印象を受けた。 試合は前半から両軍共に、ボールを保持してビルドアップして

スキ
51