マガジンのカバー画像

アウェイツーリズムマガジン

51
アウェイツーリズムとはアウェイ観戦をきっかけに旅や観光を楽しむこと。アウェイツーリズムの考えや楽しんでいる方のnoteを取り上げています。
運営しているクリエイター

記事一覧

選ばれるアウェイになるには?

こんにちは。アウェイツーリズムの魅力をお届けする「アウェイツーリズムマガジン」です!公式…

Vol.49 多動でハイブリッドな1日〜後半戦:J2サッカー観戦ブラウブリッツ秋田対ロアッ…

ヘッダーは、アウェイ席からの眺め… 何故私の地元は秋田なのにアウェイ席?と思われたでしょ…

KEITA
1か月前

【サッカー】カシマスタジアムの独特な文化〜「密輸」〜

「カシマスタジアム」にある独特な文化。その名も「密輸」笑 サッカーJ1、鹿島アントラーズ…

稲垣湧斗
3週間前

アウェイ観戦のススメin金沢〜可能性を感じる街の匂い〜

行ってきました金沢へ! マッチレビュー火曜に書ききってテンション高めに次の記事! 今回もア…

ユージ |Fulie
1か月前

新潟出身・横浜FCサポーターの私が、新潟をゴリ押しする【番外編:長岡エリアラーメン…

地元新潟へのアウェイ遠征は、試合は「勝ち点0」に終わったが、遠征としては確実に「勝ち点3」…

ヨシエ
2か月前

大いなる秋田 2022J2第10節 A秋田遠征 後編

到着日の様子は上からどうぞ。 試合当日は7時すぎには起床し、パッキングなど済ませます。 今…

ぐります
2か月前

アウェイ観戦が地域を盛り上げる!アウェイツーリズムの始め方と事例&6月のおすすめnote5選

こんにちは。アウェイツーリズムの魅力をお届けする「アウェイツーリズムマガジン」です!公式noteでは、今月まとめたnoteの紹介とアウェイツーリズムに関するコラムをお届けしていきます。 今回のコラムは、クラブの集客・スポンサー担当の方向け。アウェイツーリズムの取り組みや事例をまとめました。「アウェイサポーターのホーム集客を増やしたい」「アウェイゲームにファンを送客したい」、そんな悩みがある担当者さん、ぜひご覧ください。 アウェイツーリズムとは?アウェイツーリズムの始め方の

スキ
21

東京から日帰りバスでカシマスタジアムに行く「#鹿サポの1日」

こんにちは、広報チームの加藤です。 昨日のnoteで予告したとおり、今回は私の東京からの日帰…

アウェイ観戦のススメin新潟〜立ち上がりに気をつけろ〜

「行ってくればいいじゃん、わたし用事あるし」 GWを扁桃炎の為に病院で過ごす事になったぼく…

ユージ |Fulie
2か月前

サッカー観て 神社に行きたい。 ー湘南ベルマーレ編

こんにちは!!! ご無沙汰になったので、勢いつけてみました。かちこです。 今回は、湘南ベ…

かちこ
2か月前

アウェイ観戦の楽しみ方 ホームタウンを楽しむ!?

気が向いたのでまた書きます。 今回は「アウェイ観戦の楽しみ方」について。 検索すると色々…

空港人
2か月前

仲間と、バスで、新潟へ。カインズトラベル新潟アウェイツアー体験記

サッカー・Jリーグの楽しみ方は人それぞれ。ファン・サポーターの皆さんは自分自身の楽しみ方…

アウェイ旅常連のイチオシグルメ&5月のおすすめnote5選:アウェイツーリズムマガジン…

こんにちは。アウェイツーリズムの魅力をお届けする「アウェイツーリズムマガジン」です! 公…

等々力の桜は満開 2022J1⑥川崎フロンターレvsセレッソ大阪

友人が熱心に誘ってくれなかったら、この日等々力に行ってたかどうかわからない。おかげで素晴らしい試合を生で体感することができた。友人はもちろんだがセレッソ大阪にも感謝。 とても良い遠征の思い出ができたし、 歴史的な勝利を挙げた試合だと胸を張っていいと思っている。 勝って兜の緒を締めろとは言うけどそれはそれとして。 ひとまずこの勝利を満喫したい。 感染症の影響により川崎のホームのセレッソ戦でビジター席が3年ぶりに復活。 それまでも行く機会がなかった等々力に日帰り遠征してきた

スキ
5